カードローンを申込する前に考えて

クレジットカードや銀行のキャッシュカードとそっくりなカードで利用できるのがカードローンです。銀行系のカードローンの場合銀行口座のキャッシュカードで利用するようになっている場合も多く、借金すると言う抵抗感が少ないのが特徴ともいえます。特にクレジットカードのキャッシング機能や銀行系のキャッシュカードで借入できるものは、クレジットカードや普通口座のオプションサービスのように感じられて更に抵抗感がないと言えます。

この為に何のために借入するのか曖昧なままに申込契約して利用はじめてしまうことも多くあるのではないでしょうか。これが自動車ローンや住宅ローンなら使用目的もはっきりしていますし、追加で借りて最初のことと違う目的に利用したりすることもなく、返済計画もはっきりしていて完済できる日もはっきりしています。

そういうローンと違ってカードローンはほとんど場合残高に応じて、ほとんど最低限の返済をするだけで利用出来のが特徴で、分割で返済していると言うのと利子だけ返済しているのと中間くらいののんびりしたペースでの返済になっています。うっかりすると単に生涯掛けて曖昧な用途の借金しているような感じなっています。

これは貸すほうからすると良い話なのでしょうが、そういう借り方は本来してはいけないのではないでしょうか。ローンは利用目的、返済方法などが重要でなんとなく貯金の様に扱えるからと理由で申し込んで、本来なら少し節制すれば必要ない借入をしてしまうと言うのは止めるべきでしょう。それに貯金のように扱えると言っても、一生キャッシングが使えるわけではありません。いつかは全て返済してしまわなければなりません。

そもそも徐々に借入が大きくなってその分可処分所得が大きくなっていくように見えるのは、ローンが組めるうちだけです。新たな申込ができなくなれば、ひたすら返済するだけの日々です。それまで消費することで楽しみを得ていたのなら、ただただ苦しいだけの日々になるでしょう。

カードローンは申込の時にきちんとした計画が必ずしも必要ないローンです。だからと言って単純に収入があったかの様に使ってしまったのではあっという間に使い切ってしまいますし。後はただただ苦しい返済の日々だけが続くのです。必ずしも計画的な利用を求められないと言うことは、実はむしろ自制心が必要とされていると言うことでもあります。

カードローンは完済の見えにくいローンですが強く完済することを意識して使わないと、本当に人生の単位で損をしてしまうと思います。

Amazing Web Site

全身脱毛で損したくないなら
人気のサロンを体験してレポート!


▲ページトップに戻る