ローンで身近なカードローンは

カードローンは、使いみちが自由なので身近なローンといえるでしょう。 最近はテレビCMも頻繁に放送されているので、より身近に感じるかもしれません。 しかし身近なローンではありますが、あくまでもお金を借りるローンであることに変わりはありません。 使い過ぎると破産をする可能性があるので、申し込みをする前にはよく考えなければいけません。 考えておきたいのは、カードローンの申し込みをする相手です。 相手先によって金利や利用限度額、借入方法や返済方法、返済方式などは全く違い、それによって有利になったり不利になったりします。 有利なローンほど破産する可能性は低くなりますから、申し込みをする前には比較をしてから決めましょう。 特に金利についてはしっかりと考えておかないと、負担が大きくなることはあります。 また使いみちが自由といっても、どんな目的に使っても良いわけではありません。 たとえギャンブルに使うためにローンを申し込みしても、業者から止められることはありません。 万が一ギャンブルで的中して最初は返済できたとしても、ギャンブルの貯めにローンでお金を借りていると、高確率で返済は滞るようになります。 いずれは破綻してしまうのが目に見えていますから、使いみちが自由とはいえ、本当にローンを組むべきなのか借りる前によく考えてください。 もしローンを組むしか方法がないとしても、返済のことまで考えてから借りるようにしましょう。 確実な収入があるときに一時しのぎとしてお金を借りると、ピンチを切り抜けることが可能です。 生活費が足りないときやちょっとお金が足りないときなどには、役に立つでしょう。 カードローンが身近になりすぎると、安易に頼るようになるかもしれません。 しかし、安易に頼ると身近な存在でも、破産に追い込む存在となります。 借りる前には目的をよく考える、比較をしっかりして有利な条件で借りる、身近なカードローンは、この2つを守って使いましょう。


▲ページトップに戻る