多重債務を生んだ引き金だったのかも

多重債務に陥ると、今までの行動を振り返るようになるでしょう。 そして、何が多重債務を生んだ引き金になったのかと、初めて気が付くこともあります。 カードローンは、計画的に使っていれば返済を延滞させることはありません。 返せる範囲で借りていれば、ゆとりをもって返済できるはずです。 しかし、計画というのは必ずしも思い描くとおりに進むことはありません。 勤めていた会社が倒産してしまったり、収入のアテが急になったりすることはあるでしょう。 完璧に計画を立てていたとしても、自分ではどうすることもできないことで計画が狂うことはあります。 カードローンの返済計画が狂うのは、多重債務の引き金の第一歩です。 計画が狂い延滞しそうになると、どうにかして期日に間に合わせようとするでしょう。 期日に間に合わせるためには、お金を用意しなければいけません。 そこで執る手段が、別のカードローンを借りて期日に間に合わせる方法です。 この方法を使えば、最初に借りたカードローンの期日には間に合い、延滞することはなくなるでしょう。 しかし、最初のカードローンの期日に間に合わせても、次は新たに借りたカードローンの返済が待っています。 もともと計画が狂って今の収入では返済できなかったわけですから、借金が増えてしまったら返すことはできません。 こうなると、また他所から借金をすることになり、自転車操業と同じことになります。 こんな状態になってしまったら、すべての借金を返すことができるわけがありません。 多重債務の状態に陥り、引き金となった数々の行動を後悔するようになるのです。 ここまでの引き金となった行動の中で一番問題なのは、カードローンを返済するために新たに借金をしたことです。 借金は借金をしたら絶対に返せなくなりますから、返済をできないときに新たな借金を作ることはやめておきましょう。 カードローンの返済計画が狂ったときには、業者にまず相談をすることが大切です。


▲ページトップに戻る